拡張機能「IETab」とは?

拡張機能「IETab」とは?


Chromeを使っていて困ることは、Internet Explorerでしか見ることができないサイトがあることです。例えば、「Windows Update」など、IEでしか使用ができないサイトに時々出会います。そんなときに、頼りになるのが「IETab」!

使い方

まず、GoogleやYahoo!で「Windows Update」を検索します。いつものように、検索された表示結果の「Microsoft Windows Update」をクリックすると、『MicrosoftoのサイトにGoogleのブラウザで来るんじゃね~』と言わんばかりにエラー画面が表示されます。


ここで、追加した「IETab」の登場です。検索結果が表示されている状態で、「IETab」ボタンをクリックします。すると、ブックマークバーの下にご覧のような「IETabバー」が表示されます。
このバーが表示されている状態で、検索結果の「Microsoft Windows Update」をクリックすると・・・・何てことでしょう!「Microsoft Windows Update」のサイトが表示されているではありませんか!


ここで、毎回このような作業をしなくて済むように、中段のバー(右サイド)にあるの「ブックマーク」ボタンをクリックします。Chromeのブックマークバー内に「IETab」というフォルダが表示され、その中に、「IE Microsoft Update」が保存されます。


導入方法

拡張機能の追加・削除方法」を参考にしてください。Chrome機能拡張の検索に「IEtab」で検索すると見つけやすいです。
ここでは説明は省きます。画像をご覧になり参考にしてください。




Comment (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL : https://freelance32.net/google/chrome/chrome_102.html/trackback

« 12月 2019 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30